平安時代中期の葬儀

平安時代の中期、1011年に死亡した一条天皇の葬儀の次第を整理すると次のようになります。(新谷尚記「日本人の葬儀」による)

〇臨終と納棺の次第

6月22日、危篤状態の中で上皇(=一条天皇)は時々念仏を唱えていたが、正午頃死亡6月25日、陰陽師を召して葬送の日時、入棺の日時、墓所の方角など占わせる。

沐浴させ、深夜入棺。入棺作業は慶円僧正をはじめ数名の僧侶、諸卿数名が奉仕。皇后や宮たちが棺に形代(かたしろ)を入れる。

〇葬送の次第

7月8日、葬送。素服を裁縫し、人々は着用。慶円僧正が呪願を行い、院源僧都が導師を務める。出棺に際して、御輿の前を2人が松明を持って先導、築垣(ついがき)を壊して道路に出る。葬列には松明を持った右近が他に10名、香炉を首にかけて従う役、黄幡(おうばん)を持つ役などが続いた。火葬場である御竃所で出棺のときと同様に行われ、僧も立ち会って荼毘を行う。

〇拾骨と納骨の次第

7月9日、通夜しかかった荼毘は朝6時に終わる。御骨を皆で拾い、4升ばかりの白壺に入れ、慶円僧正が光明真言を念誦する。骨壺は円成寺に移動。その後、入れ替わり御骸骨所に人々が祗候(側について奉仕すること)し、阿弥陀護摩も行われる。

7月20日、御骨を奉納する三昧堂のような小堂を円成寺に作り、奉納。

〇法事の次第

8月2日、七七日の法事。8月11日、七七の正日にも法事を行う。9月12日、月例の御念仏を初めて行う。

翌年5月27日、円教寺で一周忌の法要を繰り上げて行う。6月22日、一周忌の正日、法事を行う。これで葬送の行事を終了。

〇現代に通じる葬送習俗

少し詳しく紹介したのは、近・現代葬儀に通じるものが多いからです。

危篤状態で念仏を臨終作法として行ったこと、納棺に先立って沐浴(髪・身体を洗い清めることで後の湯灌と同じようなものであったと思われます)を行ったこと、納棺作業は僧侶も加わって行ったこと、納棺に際し近親者が形代(身代わりの人形のようなもの)を入れたこと、ここでは記されていませんが、当時既に遺体を北枕に変えていたこと、棺は輿に載せられ運ばれたこと、出棺に先立ち儀礼が行われたこと、出棺は通常の門以外から行われたこと、葬列が行われたこと、荼毘の前に礼儀を行ったこと、荼毘に立ち会ったこと、収骨が行われたこと、帰宅前に浄めを行ったこと、七七日の法事、一周忌の法事を行ったことなど、日本の葬送習俗の原型のようなものがほぼこの頃できあがっていたことがわかります。

〇光明真言

光明真言は「オン アボキャ ベイロシャナウ マカモダラ マニ ハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン」で、これを108回唱えます。死者の滅罪に力があるとされ、この真言によって加持(真言を唱えて清めること)された土砂を遺体にかけると仏の光明に包まれ、極楽に往生できると信仰された密教の修法(修行の方法)です。

罪がなくなると遺体がやわらかくなり、納棺しやすくなるともしんじられたようで、後に民間にも広く伝わりました。

〇呪願と阿弥陀護摩

「呪願」とは悪夢を祓い、死者の霊を慰め、浄土に往生することを祈願したものだと思われます。「阿弥陀護摩」は当時、死者の滅罪に力があると信じられていたようです。

〇霊屋

この時代、天皇や貴族の葬法は全てが火葬というわけではなく、土葬もありました。土葬の場合、霊屋という小屋を作ってその中に仮に遺体を安置したのですが、実際には骨化するまで待っていたようですから、土俵というよりは風葬に近いものと言えるでしょう。

白骨化するまで安置された遺体は、この後、正式に埋葬または納骨されたという記録もあります。土葬地帯では、この名残が、埋葬場所の上に霊屋を安置しておく風習となって残っているほか、火葬された場合でも墓に小型の霊屋を置く習俗が残る地域もあります。

春日部市 葬儀
埼葛斎場での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です