民衆の自立と檀家

〇地域共同体の精神的支柱としての村惣堂

江戸時代になると、それまで村を支配していた大百姓が没落し、村は平均的な本百姓で構成されるようになってきます。こうして 大百姓の菩提寺であった寺院、道場は独立し、地域共同体の精神的な結びつきを強化するために村惣堂、惣道場と言われる寺が続々とできてきます。

〇家の形成により「一家一寺」に

江戸時代初期の17世紀前半、一家の構成員全てが家を単位として一つの寺院の檀家となる、いわゆる「一家一寺」にはまだ必ずしもなっていませんでした。家の構成員である夫と妻が実家の宗旨や檀那寺との関係で別々の寺院に属することも許されるといった半檀家的な状態でした。

これが17世紀後半になると、幕府による寺請制度の推進と、自立した農民の家が広く形成されることにより、一家一寺という関係が完成していきます。家が形成されることによって祖先崇拝も強まり、一家の菩提寺としてその寺の経済的基盤を支えると共に、葬祭、仏事をその寺に委託していくことになります。

〇庶民と墓

それまで庶民は石塔を備えた墓を持ちませんでしたが、寺院と檀家という関係が確立すると、次第に自分流の墓を建てるようになってきます。それまで庶民は、葬地とされている場所に順次埋めたり、置いてきたりしたのですが、家の確立と共に自分たちの墓を所有するようになったのです。

このことから、近世の墓というものが、家の確立と深く関係し、家の象徴、根拠として建てられたものであることがわかります。祖先崇拝が抽象的なものではなく、家の祖先という具体的な対象を得ることができ、同時にそれができるような農民の自立があったと言えるでしょう。

但し、これは明治時代末期以降現在まで続く「〇〇家の墓」と墓石に刻まれる、家墓とは異なり、個人墓形態が中心です。

春日部市 葬儀
埼葛斎場での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です