布施

仏教では、布施は菩薩(悟りを求めて修行する人)が行うべき6つの実践徳目の1つとされており、施す人も、施される人も、施す物品も本来的に空であり、執着心を離れてなされるべきものとされています。

布施はさまざまに分類されますが、一般的には次の3つに分けられます。

➊財施(ざいせ)

出家修行者、仏教教団、貧困者などに財物、衣食などの物品を与えること。仏教の教えへの感謝を表し、施すことです。

❷法施(ほっせ)

正しい仏法の教えを説き、精神的な施しを行うこと。僧侶の務めとされています。

❸無畏施(むいせ)

施無畏とも言い、不安やおそれを抱いている人に対し安心の施しをすること、困った人に対し親切を施すこと、などです。

 

葬儀において、僧侶は枕経、通夜、葬儀式などの法要を営むことによって法施を施し、遺族はこれに対して感謝して財施で応えるという関係にあります。僧侶が法要を営むことはビジネスではなく、あくまで法施です。遺族も葬儀での「お布施」は法要執行への対価として支払うのではなく、あくまで財施として行うのだ、というのが本来の考え方です。したがって、「お経料」「戒名料」という表現は、対価としての料金という考えによるものですからふさわしくないとされています。

お布施は、遺族の「志」によるものです。しかし、寺院の維持経費もあり、また、他寺の僧侶に応援を頼めば尊師となった僧侶は出座のお礼をしなければなりませんから、それらのことを考慮する必要があります。遺族は自らの経済的事情を考えつつ、相応の金額を包むことは必要になりますが、わからない場合には率直に寺院に質問したり、相談することをお勧めします。

お布施に関して、僧侶と遺族の間に葬祭業者が介入することは「布施」の性格から言っても望ましいことではありません。遺族からの相談を全て拒絶することはありませんが、金額を指定するのは行き過ぎですので注意が必要です。

 

他の宗教でも、その考え方は基本的に仏教と同じです。神道においては神職などへのお礼は「御祭祀料」などと記します。キリスト教の場合には、一般的には協会に対する「献金(記念献金)」と牧師あるいは神父への「謝礼」からなります。オルガニストなどへの「謝礼」も忘れないようにします。

基本の金額が定まっているケースも多く見られます。しかし、経済的事情が許さないときは率直に相談すれば心ある宗教者からは理解を得られるでしょうし、経済的余裕のあるときは基本金額にこだわらず感謝の気持ちを相応に表現すべきでしょう。

春日部市 葬儀
埼葛斎場での御葬儀・お葬式や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お葬式の費用、家族葬の費用
お問合せ 0120-098-940


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です