古代の葬儀観

現代のように医師がきちんと死を判定するのとは異なり、古代においては死がいつか必ずしも特定できませんでした。ですから、死んだと認められてもすぐ遺体を処理してしまうのではなく、一定期間は「生きているかのように」扱ったのです。

 

殯は生と死の境界線の期間であり、喪屋を作って遺体を安置したのは、遺体の腐敗が始まるためでしょう。現在の通夜、昔の殯の遺習であるとも言われてます。死者の霊を慰めるために歌舞を行ったのは、死霊が生きている者へ厄難をおよぼしかねないと考えられていたため、その霊を鎮める必要があったからです。

 

「古事記」には死後の世界である「黄泉の国」についての記述があります。死は穢れており、死霊は生きている者を死の世界に引きずりこもうとする恐ろしいものだと考えられていたのです。

 

古代の葬儀観には、死者を大切にするという考え方と、死を穢れているものとして恐怖する考え方を見てとることができます。

 

文献に登場するはるか前、縄文時代の墳墓を発掘すると、遺体は今のように身体を伸ばした状態で葬る「伸展葬」も見られますが、腕を曲げ膝を折った「屈葬」がはるかに多く見られ、また遺体の上に石を置いた形で埋葬されたもの(抱石葬)もあります。こうした方法は、死霊への恐怖が原因と考えられています。

春日部市 葬儀
埼葛斎場での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940