日本の宗教と葬儀の関係

葬儀を行う上で、「宗教」「宗派」はどのように決めたらよいのでしょうか?また必ず何かに属した葬儀でなければいけないのでしょうか?
今回は、日本の宗教を特集してみました。 宗教と葬儀の「関係」を簡潔にわかりやすく解説
します。

それぞれの宗教は、細かく「派」で分かれており、あまりにも膨大ですので、日本で主な宗教のご紹介をさせていただきます。

神道祭壇

神道祭壇

日本の宗教法人系は大きく分けて3つです。
1.神道系
2.仏教系
3.キリスト教系
4.自由葬

1.神道
神道とは・・・日本民族古来の「神道」は八百万の神(やおよろずのかみ)として、多彩に自然発生的に生まれた信仰です。

【神社神道】
「氏子」を持つ地域密着型の教団。

【教派神道】
「神道的宗教伝統の中から特定の組織者
・創唱者を中心とした彼らの教説や宗教体験に従う信者からなる組織宗教」
・葬儀では、焼香ではなく玉串奉奠を致します。

2.仏教
日本の仏教・・・現在日本には、12の宗教団体があります。
【奈良仏教系】・【天台宗系】・【真言宗系】・【修験道系】・【浄土真宗系】・【融通念仏
宗】【時宗】・【日蓮宗系】・【臨済宗】・【曹洞宗】・※【新教派系】=更に6つ、立正佼成会
や創価学会などの新教に分類されます。
一般的に、「仏式」と言われる葬儀はこの何れかで行われるのですが、同じ仏教でも
宗派によって細かい所作の違いがあり、お悔やみの方法も様々です。

3.キリスト教系
日本のキリスト教とは・・・
【ローマ・カトリック】
カトリック中央協議会と呼ばれ、ギリシア正教会系では日本ハリトス正教会教団があります。

【プロテスタント】
日本基督教団や、英国国教会系の日本聖公会、ルター派の諸教団でルーテル教会などがあります。
・葬儀では焼香ではなく献花を行ないます。

ep17_01自由葬とは・・・
「無宗教葬」とも呼ばれる、宗教にとらわれない葬儀です。
故人様の以前からの意向やご遺族様のご希望により、様々な様式で行われます。
法律上、倫理上で問題がなければこれといった決まりは無く、他の宗教葬と同様に心のこもっ
た葬儀なのは変わりありません。少しですが弊社での施行例をご紹介します。

4.自由葬
弊社、(株)アートエンディングでの自由葬の事例祭壇・りん・経机を置かず、沢山の花で囲まれたお棺に故人様の笑顔のお写真を飾り、お好きだった音楽を流し、ワインをたむけた心温まる
和やかなご葬儀でした。