宗派と本尊

お葬式を行う際、気をつけなければならない事のひとつに「宗派」があります。
また宗派によって祀られているご本尊が異なります。
皆さんは、自分の家系の宗派や本尊をご存知ですか?
今回は、代表的な宗派とその宗派のご本尊についてご紹介させていただきます。

ep36_01【本尊ってなあに??】
各宗派の本尊の写真と、豆知識です!
◆浄土真宗
・本願寺派
・大谷派

ep36_02◆浄土宗
浄土真宗、浄土宗は本尊が同じ「阿弥陀如来」です。阿弥陀如来は「無限の寿命をもつもの」、「無限の光明をもつもの」という2つの意味があります。
これから無量寿如来(むりょうじゅにょらい)、不可思議光如来(ふかしぎこうにょらい)、尽十方無碍光仏(じんじっぽうむげこうぶつ)とも呼びます。

ep36_03◆日蓮宗
本尊は「曼荼羅(まんだら)」になります。この語源は、「本質を備えたもの」、「完全にまとまったもの」などの意味であり、仏様本体ではなく、「仏様の悟りの境地」を具現化したのもを本尊としています。

ep36_04◆真言宗
一般的な如来様は装飾品をつけていないが、大日如来は他の仏様と違い装飾品を多くつけているのが特徴です。大日とは光り輝く太陽を意味しています。

◆曹洞宗
◆天台宗
◆臨済宗
ep36_05曹洞宗、天台宗、臨済宗は本尊が同じです。「釈迦牟尼仏」の釈迦は、種族の名前で、通常私たちが呼んでいるお釈迦様の名前は、姓がゴータマ、名がシッダールタといいます。生まれた直後に七歩歩いて右手で天を指し、左手で地面をさして『天上天下唯我独尊』と言った逸話はとても有名ですね。